2008年12月03日

香川県での二番目の塔を訪れます

 第75番札所の五岳山善通寺(ぜんつうじ、真言宗善通寺派総本山)五重塔も3度目の訪問で、平成2年10月21日が最初、2度目が平成7年5月9日、そして、この度(平成15年5月2日)、再々訪した次第です。最初の訪れと2度目の訪れの間には5年の月日が流れていましたので、最初の訪れの時の印象は薄れていましたが、どこか違うものを感じました。しかし、どこと指摘することもできないまま寺を後にしました。そして再々訪となったわけですが、そのときに入手できました貴重な資料によって、ようやく判りました。その「総本山善通寺五重塔修理工事報告書」(以下「報告書」と略す)は、後に改めて見ることとしますが、修理工事は、三重県鈴鹿市の観音寺三重塔、大阪府豊中市の藤井寺三重塔の新築工事を行った伸和建設株式会社で、報告書の編集兼発行も同社です。
 善通寺は、四国八十八ヵ所の中でも最も知られた札所であると思われますので、改めて見るまでもないと思いますが、全く見ないわけにもいきません。上の資料にも、寺の創建のことなどについて記されていますが、ここでは「香川県の歴史散歩」に眼を通すこととします。

 ……寺伝によれば、唐から帰朝した空海が自ら学んだ長安(ちょうあん)の青竜寺(せいりゅうじ)を模して813(弘仁4)年に建立し、父佐伯直田公善通(さえきあたいのたきみよしみち)の名を冠したとされるが、境内から出土する古瓦群からすれば、創立は奈良時代にさかのぼり、当初は佐伯氏の氏寺ではなかったかと考えられている。
 その後、京都の東寺(とうじ)や随心院(ずいしんいん)と本末関係を結び盛衰を繰り返していくなかで、南北朝時代、那珂(なか)郡出身の宥範(ゆうはん)が大勧進職(かんじんしょく)として寺域の整備に尽力したが、1558(永禄元)年、天霧(あまぎり)城の城主香川之景(ゆきかげ)を討つために本陣を構えた阿波(あわ)領主三好実休(みよしじっきゅう)の兵火にあい、堂塔のほとんどが灰燼(かいじん)に帰した。現在の堂舎の多くは、江戸時代に高松藩・丸亀(まるがめ)藩の代々の藩主の援助により再興されたものである。(やや煩わしいのですが、ルビを省くわkにはいかない箇所もあり、括弧で表記しました)

 参詣者用の駐車場は西院(誕生院)の西に隣接してあり、車での訪れの場合は、その西院の正覚門から入ることになりまする。しかし、やはり正面玄関から訪れることとしたいので、3度の訪れのいずれのときも、西院を足早に抜け東院へ行き、五重塔を右手に見た手前で右に折れ南大門をくぐり、いったん境内の外に出て、改めて境内に入り直しました。上の書には、「南大門を抜けた一帯が東院(伽藍)で、伽藍配置は創建時に比定されており、また境内は善通寺旧境内として県史跡の指定をうけている。南大門左手にある樹高30mと40mの大クス(県天然)は、空海誕生時にはすでに繁茂していたと伝えられる」(ルビ省略)とあります。

 続けて書きたいところなのですが、長くなりますので、今日は、ここで止めることとします。

☆       ☆       ☆

 さて、年末年始の休みに旅行を、と考えておられる方も多いことでしょう。本当は海外旅行をしたいのだが、予算の方が?という方は、暖かい沖縄など如何でしょう。沖縄旅行のことなら、こちらで ↓ 何でも用が足りそうですよ。




posted by 60歳半ばを過ぎた山ちゃんですよー at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。