2008年12月30日

私の対象とする塔ではありませんが……

 五重塔、三重塔をめぐる私の旅の対象ではありませんが、こんな塔も訪れました。

 香春神社を後にした私は、国道201号線に戻って飯塚市へ向かいましたが、現在の飯塚市は、平成18年3月26日に、旧飯塚市、旧穂波町、旧筑穂町、旧庄内町、旧頴田(かいた)町の合併により、新しく生まれ変わっています。国道は、田川市を通過、旧庄内町を抜けますと、旧飯塚市域に入りますが、JR筑豊本線を陸橋で越えた先の新飯塚駅入口の信号を鋭角に右折して少し行きますと、左手に目指す竜王寺があります。
 この寺のことについては、同好のA氏からの平成5年6月1日付のお手紙によって知りました。それには、「(総鑑)のコメントに直方竜王寺に小五重塔と二重小塔が有ると書いて有りますが、直方に竜王峡は有りますが寺は見当たりません。隣の飯塚市の竜王寺かと思っています」とありました。手紙の文中に「総鑑」とありますのは、中西亨先生の「日本塔総鑑」のことですが、その頃の私の手元には同書はありませんでした。今は手元にありますそれを見ますと、確かにそのようなことが記されています。A氏が指摘されたとおりであり、そのことに気付かれたのでありましょう、中西亨先生は「続・塔の旅」では、「多宝塔が北九州市の阿弥陀院(昭和四十二年)と直方市の東おやゆびサイン寺(昭和四十一年)にできたが、共に本式とはいえまい。直方市には他に随尊寺に二重塔がある。(中略)飯塚市の竜王寺にも二重塔があるが、その同じ境内に小さい八角五重塔があった」と記しておられます。
 この寺が、JR筑豊本線の新飯塚駅の北東の立岩という所にありますことを、何によってであるか記憶がないのですが知った私は、福岡駅まで戻る道筋でもありましたので立ち寄ったのです。しかし、実見したところ、私の旅日記の1頁を埋めて採り挙げるものではありませんでしたので、こんな塔もあるという程度の、ご紹介に止めます。

☆       ☆       ☆

 今年も、今日を含め残り2日となってしまいました。明日、ブログをが書けますかどう判りませんので、今年、お世話になりましたアフィリエイトサイトの「A8 net」、をご紹介します。こちらを ↓ どうぞ。


posted by 60歳半ばを過ぎた山ちゃんですよー at 20:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。